人気ブログランキング |

捨てる基準は一つだけ


平成の最後の最後で、
かなりのモノを手放した我が家。。

確実にモノが減りました。

これで新たな御代を、
清々しく迎えられることでしょう~♪

と思いきや・・

なんだか心がザラっとしています。
ザラザラです(笑)

それもそのはず。
だって捨てた満足感の割に
部屋がスッキリしていないから~(ρ。q)

モノとの向き合い方は人それぞれで、
一気に片付けられる人もいますよね。

でも私の場合は『物欲』+『所有欲』が
強いので、納得した上で手放すのに、
時間がかかって仕方ありません。

ここでいう納得とは、

「なぜ買ったのか」
「なぜ使わないのか」
「なぜ持ち続けるのか」

を自問自答するということ。

この自問自答しながらの整理作業は、
とにかくココロの消耗が激しく、
遅々として進まないのです。

私にとって、物欲は抑えられても所有欲は、
なかなか手放せない手ごわい存在。

ですから地道に着実に進んでいっている
とはいえ、未だ自身の求めるシンプルで
美しい部屋には到達できないのです。

でもそろそろ、この捨て作業、
スピードアップしたいお年頃。。

それにはやはり、捨て基準を
キッチリ守ることが大切でしょうね。

一年間、使わなかったモノは処分する。

この基準、アタマでは分かっているのですが
どうしても「万が一・・」という想いが
湧いてくるのです。

全ての季節が巡って一度も出番がないのなら
二度三度と再び季節が巡っても、
絶対に使うことはありません。

身をもって経験しているはず
なんですけどねぇ・・捨てられないのです。

しかしもう、この基準で判断していかないと
モノの寿命が尽きる前に
私の寿命が尽きそうです(笑)

それにしてもこの判断基準、
そこにあるのは事実だけですから最強ですね

余計な事を考えるヒマもなく、
処分すべき対象が、次々と明らかになります

特に衣類 ⤵

f0368691_17384696.jpg

自分の感情は、さておき、
この一年間、着たか否か・・
で選別していくと、処分対象がズラ~リ。

え? こんなに?!


ムリせずキモチに寄り添ってきた、
これまでの整理作業。

今後は事実だけを見つめて、
スピードアップとなるでしょうか。。



~本日の自戒~

事実を見れば、処分すべきかどうかは明らか




# by monomo-mino-uchi | 2019-05-20 19:00 | 片付け考