スッキリ、サッパリ、、2017年を迎える計画 ♪ ~衣類編~


洋服は、一体何枚持つのが
適正量なのでしょうか?

当然、性別や年齢、職業、
趣味によって人それぞれ。

しかも、同じ人であっても、
年齢や職業、趣味が変わるごとに、
洋服の適正量は変わります。

なんて、したり顔で言ってますが、
この整理収納の基本を学ぶまで、
私も考えたことありませんでした。

クローゼットの中に収まってればOK~♪
てなもんでした。

で、ちょっと収納が危うくなっても、
薄くてすべらないハンガーに替えれば、
これまた入る入る!

結果、ぎゅうぎゅうですよ・・(-"-;)

もう何年も着ていない服のせいで、
お気に入りの服がシワシワになってたり・・

虫食いの穴が開いてるのに
気付かなかったり・・

時間かけたコーデの割に、
いまひとつだったり・・

大量の服を所有してのメリットは、
一つもありませんでしたね。

洋服の枚数と幸福度は比例しませんでした。

今の時代、「わ~!
洋服こんなにもってるのぉ?!」って、
それ、もう褒め言葉じゃないんです。

クローゼットの中に、
「コレ、懐かしぃ~♪」
って思える服、ありませんか?

それを間引くだけでも、
だいぶ減るもんですよ。

さて、現在の私の所有数は、
インナーを除き、71点。
これには、部屋着やパジャマ、
スポーツウェア等も含みます。

今回は、その中から、
以下のものを手放しました ⤵

f0368691_13273459.jpg

チュニックやジャケット、
パンツにスカート・・。
合計18点です。

残り53点。

まだまだ多いですが、
以前に比べたら、
これでも、1/3以下ですね。

『着ていない服がない』
これが、適正量の基準です。

私の場合、『出番の少ない服』 を
あとどれだけ手放せるか・・が課題です。

質が良く、着心地が良く、気分が良い♪
こんなコーデは、その人の顔つきを
晴れやかにします。

それを可能にするのは、溢れ返った
クローゼットでないことは確かです!


~本日の自戒~

①洋服の大量所有は、疲れるだけ。

②持ち過ぎた服から得られるのは、
センスではなく、ただの満足感。

③大事なのは枚数ではなく、必要量を
自分で決め、維持すること。






[PR]
by monomo-mino-uchi | 2016-11-19 09:30 | 片付け考