人気ブログランキング |

湧き起こる不動産屋への不信感


不動産の繁忙期は1月~3月。

その繁忙期がスタートする1月に、
無事、広告を出すことができた両親の家。

その甲斐あってか、ひと月目から
内見者がコンスタントに現れました。

中には、借家希望の方もいましたが、
まずは需要がありそうでひと安心。

家の売却は
最初の1か月がとても重要。

この時期に、いかに
「内見したい!」
と思ってもらえるかが、
早期売却へのカギになります。

販売開始から1か月が経っても、
内見者が数組程度の場合、
値引きをしなければ、
まず売れないのだとか。

その値引きも10万単位を毎週・・
ではなく、一度に思い切った
プライスダウンでなければ
効果がありません。

少しずつ値下げしても、
気付いてもらえないからです。

気付いたとしても、
「もう少し待てば、もっと安くなるかも?」
と思われ、結局なかなか売れないことに。

購入希望者というのは少しでも良い物件を・・
と、つぶさに物件情報を見ていますから、
いつまでも販売していると、
売れ残り感が漂ってきます。

すると次第に
「なにか重大な問題があるのでは?」
と嫌煙され、ますます売れ残ることに・・

そうしたことを考えると、
最初から一定数の内見者がいる両親の家は、
まずは好スタートを切ったと
安堵していたのですが・・。

ここで担当者から、まさかの提示がっ!

「この値段まで下げれば即、売れますよ♪」

この言葉で、私の中に担当者に対する
不信感がフツフツと湧き起こりました。

「今?このタイミングでですか?!」

担当者の見解はこうです。

内見したものの
購入に至らない理由の多くが
リフォーム費用への不安。

ならばここでイッキに値下げをして、
内見者が多いうちに売ってしまいましょう!

湧き起こる不動産屋への不信感_f0368691_07264235.jpg

担当者の言う事は理解できます。

私としても売れてもらわなければ困りますし
その為に値下げもします。

しかしそれは、買主から

「〇円なら考えてみても・・」
「〇円値引きしてくれるなら・・」

という具体的な
提示を受けてからのつもりでした。

なぜ、ここまでの値下げを
今、しなければならないのか・・?

担当者の提示した驚愕の値引き率と、
このタイミング、そして急かすような態度に、
私は、ある疑念を抱いてしまうのでした。




by monomo-mino-uchi | 2018-07-28 17:00 | 実家考