支配せず、支配されもせず


思い出の品を整理するというのは
誰にとっても気が重いものです。

中でも写真整理の難易度はAAA。

1枚1枚を眺め、語り、懐かしむ・・
なんてやっていたら、とても終わりません。

かと言って、見ないで捨てることも
できない・・

結局、時間をかけた割に選別できず (>_<)
なんて事が起こり得るのが
写真整理なのです。

でも
「ごめ~ん。整理できなかった~(〃∀〃)ゞ」
と家族に大量の写真を遺したまま逝く・・
というのだけは避けたいところ。。

そんなワケで、写真こそ
早めの整理が必要だと感じた私は、
成人後の写真を中心に、
これまで随分と処分してきました。

ところが、実家売却にともなって
持ち帰った古い写真・・

これらの処分が、
どうしてもできないのです。

写真を処分しても、想い出は消えない。。

そう気付いてから、自分の写真整理は、
あんなにもはかどっていたのに・・

それが両親の結婚前の写真となると、
一向に進まないのです。

「だって親自身が
必要ないと判断した写真だよ?!」

と何度も何度も自分に言い聞かせます。

それでも手を付けられないまま、
なんと1年が経過しました Σ(゚д゚lll)

この1年、
左脳がどんなに正論で説得を試みても
「時間が必要なの・・」とばかりに
動こうとしなかった私のココロ。。

でもその時が、ようやく来たようです。

f0368691_16580623.jpg

なぜ我が母は、こんなにも支配的なのか・・
なぜ父は、あれほどまでに無関心なのか・・

わずかでも、その答えを導いてくれる
何かがあるのではないか・・

両親の行為を受け止められるだけの理由が・・

そんな無意識の希望が、
私に古い古い両親の写真を
手元に置かせ続けていたのです。

それを理解した時、
「もういいや」
という気になりました。

だって結局のところ、
両親は変わらないから。

そして私も両親に対し変わることを、
もう求めないから。

だからこれからは、互いに
支配せず、支配されもせず。

特に母からは二度と支配されない。

その強い決意が、
これまでの親への執着心とともに、
ようやく写真を手放させてくれました。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-11-19 19:00 | 実家考