一歩進んで二歩下がる


「・・・というワケで、念のため
検査をした方がいいと思うのよ。」
と話した私。

真剣さが伝わったのでしょうか。
神妙な顔をして耳を傾ける父。

「あ、検査は予約制だからね。」

と、付け足すと
父がおもむろに口を開きました。

「えっ?何?」

「予約。予約が必要なのよ」

「えっ?えっ?何の?」

そこからか~ぃ ・゚・(。>д<。)・゚・

コントかっ!!

で、もういっぺん
振り出しに戻りまして・・

私の脳内に
『一歩進んで二歩下がる~♪』という
虚しいコトバがリピートする中、
辛抱強く話を続けました。

一般に老親の認知症検査に対する
拒否感は相当なものと言われています。

ですから、自尊心を傷つけないよう、
そこは配慮が必要です。

「別に耳は遠くないけど」
「そんなにヘン?」

と自覚がない父ではありましたが、
専門医による検査と診察を
受けることに同意してくれました。

母だったら、
こうはいかなかったでしょう。
父で助かりました。

そして待つこと二週間。

f0368691_16543843.jpg

やっと取れた予約に
父を連れ立って病院へ。。

認知症を、まだ発症してはいないと
思うけれど、このままでは時間の問題。

私が疑問に思う、日頃の父の言動と、
本当に補聴器は必要ないのか、
どうしたら発症を食い止められるのか、等々

医師への質問をまとめたメモを再読しながら
名前が呼ばれるのを待ちました。

そしていよいよ、始まった検査。

それはそれは長い一日の始まりでした。



[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-08-10 17:00

年中無休の害虫対策


ミニマルで、ナチュラルな
暮らしでありたい・・
と願う一方で、
どうしても手放せないのが、
害虫対策グッズ。

これだけは、ナチュラルなんて
言っていられません。

ヒノキやハッカ油、
その他のアロマオイルでは、
やっぱり心もとないのです。。

家の中で遭遇することのないよう、
鬼の形相で徹底対策しています(笑)

肝心なのは、そもそも
家の中へ侵入させないこと。

そのためにも、まずは・・


① 薬剤を家の周囲にぐるりと散布

我が家が定期的に
撒いているのがコレ ⤵

f0368691_14444144.jpg

『虫コロリ アース』

効果は絶大です。道ばたで
息絶えているのを見かけます。

以前は薬剤の色がベージュで、
散布すると目立つのが難点でした。

最近は、グレーに変更され、
目立ちにくくなっています。

ちなみに、同じシリーズで
パウダースプレーもあります。

雨に強く、窓枠や外壁に噴射でき
便利な反面、匂いが強烈 (x_x;)

散布している私が駆除されそうで、
こちらは、使用を断念しました。


② 網戸やサッシ、玄関に虫よけスプレー

人が出入りするのを見計らって、
窓や玄関から、堂々と入り込む
と聞いて以来、散布を欠かしません。

また、キチンと閉めていても、
1mmの隙間もない
サッシなどありません。

ですから、サッシや玄関には、
『Gがいなくなるスプレー』
で侵入を阻止。

この商品も匂いが強烈で、
できれば使用は避けたいところですが、
侵入を防いでくれているので、
手放せません。

こうして、外部からの
侵入を防いだ上で・・


③ キッチンの水気を徹底排除

シンクをキレイに洗ったら、
そのまま・・なんてこと
ありませんか?

水一滴で、数週間生き続ける
怖い存在です。

害虫の水飲み場にさせないためにも、
就寝前には必ずシンクの中を、
から拭きしています。

その後、アルコールスプレーを
散布し、再度から拭き。

f0368691_14453028.jpg

驚くほど怠惰な私ですが、
害虫への警戒は年中無休。

「家の中で、絶対に遭遇したくない!!」
という想いは強力ですね。

お陰で平穏な日々を過ごせています。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2017-06-14 15:00

あの日を忘れない・・


憶えていますか。

一年前の今日。

熊本・大分で起きた、
あの大地震を・・。

特に熊本では、震度7の激震に
2回も襲われました。

気象庁の、過去の記録には
無いほどの大地震・・。

震度7が2回。

これでは、どれだけ最新の
耐震基準をクリアした木造住宅でも、
倒壊は免れないでしょう。

そんな中、助かった人たちは、
奇跡と言えるかも知れません。

ただ、命が助かった人たちにとっても、
非常に厳しい現実が、
一年経った今でも、続いています。

中でも「仮設住宅に、一旦
入居したら、その後はどんな
事情があっても、別の空いている
仮設住宅への転居を一切、
認めてもらえない」

そんな避難者の、切実な訴えを
耳にすると、誰のための
仮設住宅なのかと胸が痛みます。

熊本には、縁もゆかりもありません。

それでも、当時報道された
被災地の映像は忘れられませんでした。

そして微力ながら、日々の生活の中で、
何か応援の気持ちを表せないか、
と思ってきました。

そこでこの一年、
熊本・大分県産の食材を、
意識して購入することを続けています。

f0368691_15422449.jpg

これは、熊本県産の無農薬玄米です。

偶然にも、このお米は、
熊本地震が起きる少し前から、
購入していました。

米・醤油・味噌には、こだわりがあり、
ご当地ものをあれこれ
取り寄せることの多い我が家。

それでも震災後はずっと、
お米は熊本県産、
醤油・味噌は大分県産に
お世話になっています。

他に、野菜や果物も、
おいしく頂いています。

我が家の食卓の根幹は、
被災地の方々によって
支えられているのです。

本当にありがとうございます!

そして、熊本・大分がんばれ!!




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2017-04-14 21:26

ロフトの使い道


我が家には、ロフトがあります。

私はロフトの必要性を全く
感じていないのですが、皆さん、
どのように活用されているのでしょう。

海外の屋根裏部屋のような
インテリアも素敵ですが・・。

現実はコレ ⤵

f0368691_14535800.jpg

何も置いていません。
和室と同じく、収納がゼロなのです。

結果、床にモノを置きたくないし、
天井は低いし・・などと思いを
巡らせながら、未だこの状態。。

でも圧倒的な掃除のしやすさに、
このままでいいのかも知れません。

我が家の場合、ロフトが
お掃除のスタート地点。

ですから、お掃除道具を
壁に取り付けようか、、と
思ったこともあったのですが・・。

下は寝室。

地震の際、頭上にクイックルワイパーが
降ってきたら・・と想像すると、
とても寝ていられません。

ということで、我が家のロフトは
今年も、やっぱり、何もないままなのです。。



[PR]
by monomo-mino-uchi | 2017-04-07 15:00