人気ブログランキング |


明日から4月!
待ちに待った春うらら♪ですね。

特にこれといって予定もないけれど、
4月というだけで、なんだか
幸せな気持ちになれます♪

柔らかく暖かな日差しと
やさしい桜色が、身体もココロも
ほぐしてくれるからでしょうか。。

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*

さて、ズボラな性格ゆえ、
ファブリックは必要最低限に
とどめたい我が家。

そのため、キッチンの窓は、
これまで手をつけないままでした。

ところが、あれこれ整理の過程で出てきた、
ハンドメイド用のデッドストック。。

せっかくなので、どうしても
処分できずに残したアイテムを使って、
簡単ウインドートリートメント
を試みました。

とはいえ、裁縫は大のニガテ。

手縫いをすれば、自分の着ている服まで
縫いつけてしまう程、
筋金入りの不器用さ (/_\)

そこで、つっぱり棒に、ただ
チュールをかぶせて留めるだけ、
という暴挙に出ました。

キッチンに春、、ふわり♪_f0368691_14293609.jpg

これなら、洗濯&交換もラクラクです。

ふわり♪
チュールが揺れています。。

キッチンに春、、ふわり♪_f0368691_14301931.jpg


カーテン留めは、百均の桜の造花。

キッチンに春、、ふわり♪_f0368691_14301029.jpg

これで我が家のキッチンにも春到来です♪

4枚に重ねたホワイトチュール。
この透け感が、桜と相まって、
やさしく春を迎え入れます。


日が落ちると、また違う雰囲気に・・。

キッチンに春、、ふわり♪_f0368691_14315997.jpg

桜が散ってしまうまでの、
限られた短い期間。

キッチンに春、、ふわり♪_f0368691_14320990.jpg

キッチンの小さな春を
楽しみたいと思います♪



by monomo-mino-uchi | 2017-03-31 15:00 | キッチン


映画『キングコング 髑髏島の巨神』
を観て来ました。

以前観たハリウッド版のゴジラは、
肝心のゴジラが出ているシーンが
少なく、なんとも残念な映画でした。

ところが今回、コングは最初から
最後まで出ずっぱり。
とっても堪能できました♪

そうして映画を楽しんだ後、
うっかり買ってしまいそうになるのが、
パンフレット。

でも、売店前でよぎるのは、
昨夏の苦い記憶・・。

集めた50冊を超える
パンフレットのうち、
結局、2/3を捨てたあの日。

ツラかったなぁ・・(ρ。q)

それでも、
まだちょっと迷いが生じる時は・・
究極の質問をするに限ります!

「ソレ、棺に入れて欲しい?」

私にとって、この質問は効果テキメン!!

棺の大きさは決まってますからね。

それに「おばあちゃん、棺にキングコングの
パンフレット入れて欲しいんだって」と
言われるのも・・ね (/∇\*)

こうしてなんとか、将来、明らかに
不要となるモノを買わずに済みました。

帰宅後は、未だ残された
パンフを再びチェック。

棺に入れて欲しいかどうか_f0368691_13525562.jpg

数冊ですが手放しました。

あなたの
『棺に入れて欲しいモノ』
は何ですか?



~本日の自戒~

究極の質問は、最強の整理法!



by monomo-mino-uchi | 2017-03-28 15:00 | 片付け考

ゴミ箱は、どこですか?


我が家を訪れた方々に、
よく尋ねられる質問がコレ。

「ゴミ箱は・・?」

ゴミ箱は、どこですか?_f0368691_16541118.jpg

「ウチにはないんですよ♪」

とお答えすると、
皆さんギョッとしますΣ(゚д゚lll)

以前、マンション暮らしをしていた頃は、
ゴミ箱を使っていました。

大好きなアジアンテイスト。

取っ手を斜めに引くと、
中は2種類に分別でき、
ごみ袋をストックできる
引き出しまで付いた優れもの。

非常に気に入っていたのですが、
とにかく手入れが大変。

大きな2つのペールを取り出し、
洗浄するのが面倒で面倒で。

ちょっと手を抜いたら、
気密性の高いマンションでは、
あっという間にカビてしまいました (/_\)

それからも探し続けたものの。。
これといったゴミ箱に
全く出会えませんでした。

そうこうしているうちに、現在の家が完成。

新しいキッチンに合わせようとすると、
条件が更に厳しくなり、
ますます見つかりません。


そうして辿り着いた結論が・・
『我が家に、もうゴミ箱はいらない』
でした。


では、出たゴミはどうするか・・。

まずは、この防臭袋に入れます。

ゴミ箱は、どこですか?_f0368691_16544368.jpg

その後、キッチンカウンターの下の、
紙袋に捨てていきます。

ゴミ箱は、どこですか?_f0368691_16542630.jpg

百均の紙袋の中には、自治体指定の
袋をセットしてあるのです。

この防臭袋、非常に優秀で、
真夏でも次の収集日まで、
一切、匂いが漏れません。

さすが、おむつの処理袋として
作られているだけのことはあります。

この防臭袋を使用するように
なってからは、捨てる際のコストを
強く意識するようになりました。

また、この紙袋からゴミを溢れさせたくない
との思いもあり、自然とゴミの量が
減っていきました。

ゴミ箱は、どこですか?_f0368691_16550879.jpg

もともと私は、ゴミ箱はキッチンに
ひとつで十分、というタイプ。

各部屋のゴミを集めて回るぐらいなら、
その都度、キッチンに捨てに行く方が
私にとっては合理的。

しかも、このスタイルなら、
ゴミ箱を移動させての床掃除や、
ゴミ箱自体の清掃もせずに済みます。

ぐうたらな性格が、ゴミの減量という、
思わぬ副産物をもたらしました。



by monomo-mino-uchi | 2017-03-25 15:00 | キッチン


家で私が処分するのは、自分のモノだけ。

でも夫婦共通のモノってありますよね。

例えばコレ ⤵

シンプル化は、お早めに。。_f0368691_13320674.jpg

浴室の壁に取り付けられる、
ソープディスペンサー。

まだ、今のおウチが完成する前に
購入していました。

家が出来たらアレを飾って、
コレを取り付けて・・と、
妄想全開のままに、雑貨を
購入していたあの頃・・。

今や、そのほとんどが
不要になりました (/_\)

そしてこの、ディスペンサー。

家が完成した頃には、
石鹸シャンプーひとつで、
『全身まるごと洗い♪』が、すでに定着。

シャンプー、コンディショナー、
ボディソープと、便利に使い分けられる
3連モノが、見事にムダに・・。

また浴室内は、カビ予防の掃除を
入念に行えるよう、掃除箇所の
表面積が増えたり、複雑な
構造になるのは、避けたいのです。

さらに入浴後は、浴室乾燥を
必ずかけますから、高温で
変質しても困ります。。

こうして無用の長物と化した訳ですが・・。

手に入れるまでの苦労と、
なかなかのお値段を考えると、
そう簡単には手放せず・・。

やっと処分を決意しても、主人の反対で、
また棚の奥の奥へと逆戻り。

その繰り返しで、
もう何年経ったでしょうか。

同じモノに対して、何度も悩む時間を
時給換算したら、何が本当に
もったいないかは明らかです。

ですから今度こそ、
これは処分しようと思います。
こっそりね。

さて、
「そのうち、シンプルライフを目指そう・・」
とか
「ミニマルライフもいいかもね」と
思う方がいらっしゃるなら、
どうぞ早めのスタートをおススメします!

早くシフトチェンジすれば、
買うモノの量が減り、捨てる量も減ります。

そして何より、私のように
時間と労力と費用を、
ムダにすることもなくなるのです。

不要と分かっていても、
イザ手放す時はツライもの。。

そんな想いは、
しなくて済むなら、して欲しくないのです。。



by monomo-mino-uchi | 2017-03-22 15:00 | 雑貨


大好きな木製ツール。。 
特にオリーブとアカシアがお気に入り♪

美しい木目や色には、
それぞれ個性があり、
どれひとつとして
同じものはありません。

だからこそ、
ひとたび出会ってしまったら、
ついつい購入してしまいます・・。

そんなこんなで、
買い集めた木製雑貨たち。

気に入ってはいるけれど、
使うものとそうでないものが、
ハッキリと分かれてきました。

使っていないモノは、
少しずつ処分してきましたが、
どうにも捨てきれなかったコレ ⤵

使いこなせず残念、無念。。_f0368691_01085843.jpg

ひとめ惚れで買った割には、
ほとんど出番なし。

私には、なかなか使いこなせません。

仕切りが便利と思ったのですが、
意外とこれが使いづらいのです・・。

せめて、もう少し大きければ、
とも思います。

あぁ、失敗 (/_\) 

限られた収納スペースを考えると、
残念ですが手放すことに決めました。




by monomo-mino-uchi | 2017-03-19 15:00 | 雑貨

至福のバスタイム♪


なかなか重労働な整理作業を終えた後は、
お疲れさまのバスタイム。

外での気分転換もいいけれど、
やっぱり、おウチのお風呂に癒されます。

一切のモノを置いていなかった
洗面所周り。

いそいそとフェアリーライトで
デコレーション♪

至福のバスタイム♪_f0368691_12152356.jpg

ゆらぎ効果を期待して、撤去していた
キャンドルも再びセット。

バスタブにゆっくりゆっくり身を沈めて、
不用品から受けたマイナスエネルギーを
デトックス!

こうしてリラックスできると、
我が家のシンプル化への
意欲がよみがえります。

まだまだ思い切った処分が必要な我が家。

自分を叱咤激励しながらのお片付け・・

そんないつもの日々がまた、
戻ってきました。。



by monomo-mino-uchi | 2017-03-16 18:00 | 洗面所


実家整理の第1ラウンドが終了しました。

キッチンとダイニングの一角だけで、
作業にかかった時間は、
大人3人がかりで、丸5日。

1,548点にも及ぶ、モノとの格闘でした。

ちなみに、人ひとりが生活する上で
必要なモノの数は、約1,000点。

ふたり暮らしで、しかも
キッチンアイテムだけで、
1,200点を超えるというのは、
明らかに抱えすぎです。。


単なるモノであるうちに・・_f0368691_15025840.jpg


モノに埋もれながらも、
片付けを拒否する親たち。

一方、子どもの方も、気にはなりつつ
「無理強いしたくない・・」
「トラブルになりたくない」と、
ついつい放置してしまう・・。

世間ではそんなケースが多いようです。

私もそうでした。

そして、イザという時には
業者に遺品整理をしてもらう
覚悟までしていました。

しかし今回、半ば強制のような形で、
一部分だけでも、実家整理できたことに、
心からホッとしています。

というのも、いずれにしても後悔する・・
と分かったからです。

嫌がる親に無理強いして片付けると、
なんとなく悪い気がして後悔します。

でも、いざ親が亡くなって、
あの膨大な量のモノを
目の当たりにしたら、
きっと、「無理強いしてでも、
生前整理をしておけば・・」と、
やはり後悔するのです。

だったらもう、親が存命のうちに、
整理するしかありません。

親が元気であれば、
片付けを嫌がっていても
必要か否かを確認することができます。

そして、本当に残しておくべきモノを
見極め、不要なモノは、
心置きなく処分できるのです。

ところが、これがひとたび
遺品に変わってしまったら、
それこそ処分して良いのかどうか
迷いが生じます。

すべてのモノに、
親が宿っているように
思えてしまうのです。

そうなると、生前整理の2倍も3倍も、
時間と労力がかかり、
その精神的負荷は計り知れません。

モノは、単なるモノであるうちが勝負。

遺品に変わってしまう前に、
ぜひ整理することをお勧めします。



~本日の自戒~

遺品に変わる前に、片を付ける



by monomo-mino-uchi | 2017-03-13 22:00 | 実家考


今や、家庭になくてはならない冷蔵庫。

では皆さん、一体何台ぐらい
お持ちなのでしょうか。。

私の実家には、3台ありました (/_\)

キッチンとダイニングと2階にも・・。

母は調味料から冷凍食品まで
自家製ですから、それはそれは、
どの冷蔵庫もパンパンでした。

そんな母のおかげで、
季節外れの食材を使った料理も、
年中楽しめた訳ですが、それも昔のこと。

この機会に、ダイニングと2階の冷蔵庫は
手放してもらうことに。

前回、ダイニングの隅の惨状を
ご覧いただきましたが、
引きで見た図がコレ ⤵

一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16023969.jpg

ダイニングの片付けは、
冷蔵庫を撤去し、上に乗っている
オーブントースターを、他の家電と
まとめる作戦でいくことにしました。

ところが、トースターを
移動させたい棚はこの通り・・。

一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16030222.jpg

ここもセオリー通り、すべて出して、
4つのカテゴリーに分けていきます。

一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16091763.jpg

一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16092413.jpg

こうして分けてみると、
服薬中の薬と残薬、
使用中の化粧品とそうでないモノ、
ポケットティッシュ33個などなど・・。

様々な雑貨が混在していることが一目瞭然。

これでは、探し物が減らないのも
当然ですね。また、誤薬の危険性もあります。

全部で265点あった雑貨類。

でも、本当にダイニングに必要なモノは、
ごくわずか。

不要なモノをすべて取り除くと、
棚の一段分が完全に空き、無事、
トースターが収まりました。

一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16032714.jpg

そして一番下の引き出しには、
住居用洗剤や文具類、予備の眼鏡を収納。


使用頻度の最も高い薬と基礎化粧品、
使用中の眼鏡は、コチラ ⤵

一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16060643.jpg

ダイニングテーブルに座ったままで、
すぐ手に取れるよう、小さな
サイドテーブルに集約。

だいぶスッキリしました!

<before>
一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16023969.jpg

<after>
一家に、1・2・・3台?!_f0368691_16074621.jpg

これで探し物も減り、安全性もup♪

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*

残念ながら、今回の実家整理はここまで。

まだまだ、整理すべき部屋は
残されていますが、
それはまた次の機会に・・。

体力勝負の実家整理。

マキシマリストの親を持つと、
子どもは本当に苦労しますね。

それでも「親の安全」と「子どもの安心」を
得ることができる、貴重な体験でした。。



~本日の自戒~

8割捨てても大丈夫!

83%のモノを減らして、
親子ともども Happy に!!



by monomo-mino-uchi | 2017-03-10 20:00 | 実家考


事故に遭う場所は様々ですが、
こと高齢者に限れば、
自宅が6割を超えています。

中でも多いのが、階段からの転落事故。

若い人に比べ重症化してしまいますから、
同居していない子どもにとっては、
本当に心配です。

階段事故を防ぐためには、

① 脱げにくい室内履き
② 握りやすい手すり
③ 滑りにくい工夫
④ 足元灯の設置

などの工夫が必要です。

さて、実家の階段は・・と言うと、
それ以前の問題でした。

モノが置かれているのです。
いや、積まれています。

危険をおかしてまで、わざわざ階段に
モノを置く理由はなんでしょうか。

私には理解できませんが、父には何か
合理的な理由があるのでしょう。

それでも、このままにしておける
ワケがありません。

母は、何もないフラットな床の上で
転倒し、骨折しているのですから。。

階段に置かれているのは、
ほとんどが紙モノ。
新聞や雑誌などです。

すべて父のモノですし、この程度なら
父ひとりで片付けられるハズ。

と、階段部分は、私が実家に向かう前に、
父に整理するようお願いしていました。

実家に到着し階段を見上げると、
モノは何ひとつありません。

「キレイになって、これで少しは
安心できる」と思ったのも束の間、
ダイニングの隅に広がるこの光景・・

父が片付けると・・こうなります。_f0368691_14070440.jpg

こ、これは、階段にあったモノでは?!

しかも何やら量が増えています。
これでは隅に寄せて、積んだだけ。

Just 移動です (/_\)

再び、階段にモノが積み上げられるのも
時間の問題でしょう。

キッチン整理だけでも疲労困憊ですが、
ここもやはり、私がやるしかないようです。



~本日の自戒~

移動するならゴミ箱へ



by monomo-mino-uchi | 2017-03-08 15:00 | 実家考


調理に不慣れな父。

2種類の包丁砥ぎ器と9本の包丁、
そして19コの鍋は、とても
使いこなせません。

そこで、父にとって使いやすいツールを、
収納スペースに入る分だけ
選んでもらいました。

選ばれたツールは、父へのヒアリングを
もとに、収納棚へ収めていきます。

調理器具も、使用頻度に合わせた
高さに収納することがポイントです。

吊戸棚は3か所ありました。

そのうちの2つは・・

父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17262729.jpg

父のためのキッチン、整いました。_f0368691_18171308.jpg

こんな状態でしたが、選別の結果、
見事、空になりました。


残り1か所の吊戸棚は、当初、
保存容器で溢れ返っていましたが・・
このようになりました。

<before>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_18172373.jpg

<after>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17271755.jpg

シンクの真上にあたるこの棚には、
水筒やスケールを収納。

更に、キッチン周りのカウンターに、
不安定に積み重ねられていた
レシピ本も、ここに収めました。


次にシンク下の収納です。

ここは、ラップや台所用洗剤の
ストックで溢れていました。

<before>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17281819.jpg

新品のラップやホイル、
フリーザーバッグなど、
その数なんと69点!!

<after>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17290309.jpg

この場所には、必ず水回りで使う
ザルとボウルをセット。

同時にシンクで使う、食器用洗剤や
スポンジなども、必要最低限の
ストックだけ収納しました。

ちなみに、ラップやホイル、
キッチンペーパなどのストックも厳選。

保管場所は、使用中のラップ類を
置いている、すぐ横の引き出しに、
移動させました。

父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17512648.jpg

これで、かがまずに、すぐに補充できます。


一方、コンロ下にある2つの収納棚。

食器と調味料で埋め尽くされていましたが、
無事、お鍋を収納できました。

<before>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_18180731.jpg

<after>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17405664.jpg

ここには、毎日使うお鍋と油を一緒に収納。


<before>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_16175748.jpg

市販と手作りを合わせて
80点ほどあった調味料類。
冷蔵庫に保管できる数まで厳選。

<after>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17413032.jpg

空いたスペースには、使用頻度の
低いお鍋だけを収めました。


そして包丁やお玉などの
キッチンツールは、
4段の引き出しに収めました。

父のためのキッチン、整いました。_f0368691_17423961.jpg

腰に負担をかけず、取り出しやすい
上の段ほど、毎日使うモノを。

父のためのキッチン、整いました。_f0368691_16121747.jpg

父のためのキッチン、整いました。_f0368691_16124074.jpg


そして、あまり出番のないモノは、
下の引き出しに・・。
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_16125271.jpg

父のためのキッチン、整いました。_f0368691_16130871.jpg

これなら、モノをかき分けて
探す必要もなく、一目瞭然。


最後に、つまずき防止のため、
キッチンマットも撤去。

<before>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_18103784.jpg

<after>
父のためのキッチン、整いました。_f0368691_14592493.jpg


父仕様のキッチン、完成です。



~本日の自戒~

誰がどのように使うのか、収納力は想像力。



by monomo-mino-uchi | 2017-03-06 19:00 | 実家考