人気ブログランキング |


私のヘアケアは、
石鹼シャンプーと
月イチのガスールパック。

ここ数年、このスタイルで
完全に落ち着きました。

でも最初は、大へんでした。
石鹼シャンプーは、ウワサ通り、
髪がきしむのなんのって。

元々、私のアタマは
ボリューミーな上に、ゴワゴワ。

髪が太いわ、硬いわ、多いわ・・

が、石鹼シャンプーで、
さらにゴワゴワ感up・・(/_\)

「我慢して続けていると、
きしまなくなるよ」

と言われたけど、そんな日は、
なかなか来ませんでした。。

でも2年目ぐらいから、
確かにきしまなくなってきて・・

髪質はゴワゴワから
ゴワ程度に(笑)

一方、同じシャンプーでも、
主人の髪は、ほわっほわっ♪

生まれ持った髪質の違い
なんでしょうねぇ。

アタマ、交換してほしいです・・。

そう言えば、石鹼シャンプーの後は、
クエン酸リンスをするといい・・
とは知っていたのですが・・

面倒で一度も試しませんでした。
「大して変わらないでしょ」
って思って。

でも、クエン酸って、
石鹼シャンプー後の髪に欠かせない、
大切な役割を担っていたんですね。


① 髪についた金属石鹸を
分解してくれる

アルカリ性の石鹸を使うと
避けられないのが、水道水に含まれる
カルシウムやマグネシウムなどの
金属成分と石鹸成分との結合です。

これが金属石鹸となり、
髪に付着した結果、
ゴワゴワします。

充分に髪をすすいだ後に、
このクエン酸を塗布することで、
中和され、きしみにくくなるんです。


② 開ききったキューティクルを
閉じてくれる

普段、髪は弱酸性を保つことで、
キューティクルを閉じていられます。

これがひとたび
石鹸でシャンプーすると、
弱アルカリ性に傾きます。

すると、キューティクルは
見事全開に。

これでは、摩擦が大きくなり、
きしむわけです。

時間と共に、自然と本来の状態に
戻っていきますが、クエン酸は、
髪をいち早く弱酸性に戻し、
キューティクルを守ってくれる
存在なのです。

そういうことなら・・と、
お湯に溶かしたクエン酸を
スプレーし、すすいでみたら・・

もう、サラッサラッになりました!

さすがに、美容室で
トリートメントをしたような
ツルツルにはならないのですが、
サラッサラッ~!!

あまりの感動に、
「みんな、クエン酸リンスを使おう!」
と街頭演説したいぐらい(笑)

クエン酸、侮っててゴメンナサイ (*≧∀≦*)_f0368691_15012277.jpg

感動したと言えば、ガスールを
初めて使った時もそうでした。

ガスールとは、モロッコ産の
ミネラル豊富な粘土。

この固形タイプの粘土を
お湯に溶かし、
クリーム状にしてから
地肌や髪になじませます。

するとまるで、毛穴の汚れが
すべて取り去られたような感覚に。。

頭が軽くなったような気さえしました。

それからは、
やみつきとなったのですが、
やりすぎると乾燥するので、
今は月イチ程度で。。

ヘアパックのついでに、
顔やデコルテにも塗れば、
ツルツル肌になりますよ♪

クエン酸リンスも、
ガスールも本当におススメ。

特にクエン酸は、
ただのお掃除アイテムとしか
思っていなかったのですが、
今ではすっかり、
大切なパートナーとなりました♪




by monomo-mino-uchi | 2017-07-29 17:00 | one day..


秋田や新潟でも、
大雨による被害が出ていますね。

災害という、
それでなくても厳しい状況に、
猛暑が心理的にも体力的にも、
さらに追い打ちをかけます。

高齢の方やお子さんは、
体調が特に心配ですね。

心よりお見舞い申し上げます。

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*

さて、先日、父の入院騒ぎで
実家に向かったわけですが・・

そこで、独身時代のアクセサリーが
残されているのを見つけました。

アクセサリーが語りかけてる。。_f0368691_14572334.jpg

それらは、とっくに記憶から
消え去っていたモノばかり。。

まだ捨てていなかったことに
驚くと同時に、これを選び、
身に着けていた当時の自分が、
何だか他人のように思えます。

それほど、生きていると
自分って変わっていくものなんですね。

変わっていないつもりでも・・

生涯、変わらずに好きであることが
ほんの少しあって、それ以外は、
柔軟に、ゆるやかに変化していく・・

そんな人でありたい。

まるで、コアをしっかりと鍛え、
しなやかな筋肉を保つことで、
ケガをしない身体のように・・


かつての私にとって
アクセサリーは、
見栄や強い自己主張を
担うアイテムでした。

買っても買っても、
足りることはなかった。

本当に足りなかったのは、
私の内面だったのにね。

でも年を重ねた今、
金額に左右されない、
自分にとって
本当に価値のある
大切なモノを、少しだけ
身に着ける幸せを知っています。

「以前の私を思い出した?」
「当時より成長できてる?」

懐かしいアクセサリーたちが、
私に、そんなことを
語りかけているような気がしました。。



~本日の自戒~

アクセサリーは鎧ではなく、私自身。。

だからこそ、今の自分に
ふさわしいモノを身に着けよう。




by monomo-mino-uchi | 2017-07-25 17:00 | 片付け考


「どうせ続かないってー」
「根っからの食いしん坊にはムリだって~」
「体に悪いから、やめた方がいいよぉ」

と、主人から、さんざん言われたのが、
一年前の今日。

週に1度、一日断食を始めて、
丸一年が経ちました。

断食してたら、1年が経ちました。。_f0368691_16053190.jpg

体重は13kg減。
断食ライフ、すっかり
私の暮らしに定着しました。

断食の効果は色々ありましたが、
最も嬉しかったのは、
便秘が解消されたことですね。

因果関係を調べたら、
どうやら断食することで、
モチリンというホルモンが分泌され、
整腸作用が促されるようです。

知らずに始めたことですが、
嬉しい効果となりました。

それから、味覚や嗅覚、
聴覚が鋭敏になってきた気も・・

私は普段、アーユルヴェーダを
意識した生活をしています。

全ての考え方を取り入れることは
難しいけれど、ちょっとした
エッセンスを暮らしに活かしています。

例えば料理。

アーユルヴェーダでは、
作り置きや、食べ残しの料理は
食べないよう勧めています。

いくら温め直しても、
料理の質が低下し、
心の健康に良くないのだとか。

ですから
アーユルヴェーダの料理人は、
決して味見をしないのです。

味見をした途端、その料理は
食べ残しとなってしまいます。

そんな料理を出されても、
アーユルヴェーダに通じた客は、
それがもはや食べ残しと
なってしまった料理であると
分かるそうです。

そこで私も、調理中の
食材の見た目の変化や音、香りに
感覚を集中させ、味見をせずに
調理するようになりました。

結果、計量しない
ズボラ主婦の私は、
失敗続き (/_\)

でも断食効果でしょうか。
最近は香りから判断し、
味付けを調節できるようになりました。

カラダの変化、ココロの変化、
そして暮らし方の変化・・

断食を続けたこの一年は、
私に大きな変化と
成長をもたらしてくれました。




by monomo-mino-uchi | 2017-07-20 17:00 | 断食

人は見ている


ファッションやヘアメイクを
変えた時、皆さまの周りの
男性陣は、どんな言葉を
かけてくれるでしょうか。

ウチの主人は・・

特にコメント無し、
が多いですね (/_\)

特にヘアスタイルなんて、
どんなに変えたって、
そもそも
気付いてないんじゃないか・・
と思ってました。

ところがっ!!

先日、こんなことを
私に言ったんです。。

「やっぱり、お気に入りの
服を着ている時は、
本当に楽しそ~うな
顔をしているね♪」

もう、
ビックリしたのなんのって。

ここ最近、
衣類も着実に減らし続け、
現在残されているのは、
すべてお気に入りばかり・・
と思っていたからです。

「今持っているのは、
どれもお気に入りなんだけど・・」
と答えると、

「いや~、そんなことないと思うよ。
だって顔つきが全然違うもん」

普段、
特にコメントしない人が発する、
さらりとした本音ほど
怖いものはありませんね。

コワいけど、ありがたい。。

というわけで、早速
クローゼットをチェック!

以下の3点を手放しました。

人は見ている_f0368691_09490864.jpg

どれも気に入ってはいるけれど、
似合いにくいアイテムであることは
確か (-"-;)

好きだからと、
わざわざ似合っていない
服を身に着けても、
やはりイキイキとした顔つきには
ならないんですね。

こんなこと、
身近な人だからこそ
教えてくれる。

大多数の人は、
「その服、似合っていませんよ」
なんて、いちいち言いませんもんね。

整理は、しっかりとした
自分軸で進めるのが基本。

でも、
ファッションアイテムに関しては、
時に他人軸を採用するのも
ありなのだと痛感。。

自分をよく見てくれている人の意見、、
大切にしたいですね。



~本日の自戒~

人は、何も言わないからといって、
見ていないわけではない。




by monomo-mino-uchi | 2017-07-16 17:00 | 片付け考


「通りがかるついでに、
親元に置きっぱなしだった
本を回収してくる」
と主人。

「何冊ぐらいあるの?」
と尋ねると

「10冊ぐらい・・かな?」
との返事。

そして帰宅した主人を見て仰天!!

トランクから段ボール、
3箱も取り出しているでは
ありませんか~Σ(゚д゚lll)

「じゅ、じゅ、10冊では・・?」

白目になる私。。

「まだこの倍の箱があったんだけど、
それは処分してきたから~」
と言われても・・


わかります。

わかりますよ。

本は捨てられないよね。

「でも、何年も
読み返すことのなかった、
これらの本は本当にいるの?」

と尋ねる間もなく、
棚にキレイに並べていた主人 (/_\)

恐らくこれで、彼の蔵書は
軽く300冊を超えることでしょう。

それでも、
私が自身の本を
減らし続けた結果、
空いたスペース分、
収納できてしまうんですよね、
これが。

処分するか否か、、の選択は
必ず本人がしないと
意味がありません。

家族にうるさく言われて、
仕方なく処分しても、
すぐにリバウンドします。

捨てるツラさは理解できるから、
無理強いせず、これからも、
本人の心境の変化を
見守っていくつもりです。

ということで、今回も、
処分するのは私の本だけ。

家族に無理強いする前に・・_f0368691_12353532.jpg

数冊ですが、ピックアップしました。

500冊を超える数から
繰り返してきたこの作業。

さすがに最近、
選ぶのが難しくなってきました。

残り43冊。。

私も・・まだまだです。




by monomo-mino-uchi | 2017-07-12 17:00 | 片付け考

どうかご無事で。。


九州の記録的豪雨・・
非常に心配です。

福岡県の東峰村で避難した方の、
「家が流され、いる所がない・・」
とおっしゃっている
映像を見て泣けました。

我が家で愛用中の
小石原焼の食器たち。

どうかご無事で。。_f0368691_10161206.jpg

その窯元は、東峰村にあります。

そこは、たどり着くまで、
この道であっているのか、
途中不安になるほどの山の中。

その分、本当に自然豊かで
美しい景色が広がっていたのに、
まるで違う光景が
映し出されていました。

そして大分県の
竹田市と日田市。

どちらも情緒ある景観で、
水と空気の、おいしい所。

どこも、5年前の
九州北部豪雨で被害を
受けたばかりだったのに・・

どうか気を強く持って、
住民の方も、
救助活動をされている方も、
無事でいて下さい。




by monomo-mino-uchi | 2017-07-08 17:00 | one day..


実家の、あの状況を見た後は・・

我が家にあるすべてのモノが、
不要に思えてきます。

何年もかけて減らしてきた
結果がコレ?!

捨てきれないムダが、
まだこんなにも
残されていたなんて・・(/_\)

クローゼットの前で、
ひとり・・ショックを受けました。

やはりモノの見極めは、
想像以上に難しい。。

残しておく意味が
見いだせるモノは、
ほんのわずか・・。

どうしても、どうしても
手放せないモノなんて、
ほとんどなかったのです。

身軽な生活が、
どんなに快適であるかを
実感しているはずなのに。

スペースの余白が、
心の余裕をもたらすことを
知っているはずなのに。

迷ったモノは、
捨てても大丈夫だと
分かっているはずなのに。

捨てようとする私を
「待って!待って!!」と
自分が引き止め、まんまと
応じてしまった結果です。。

そこで今回も、
趣味に関するモノを
引っ張り出してきました。

だったら全部、捨てちゃうか。。_f0368691_15401971.jpg

制作したリースや収納BOX、
ラッピング用品など。

BOXだけで、20個以上。

折りたたんでコンパクトに
収納していたとはいえ、
処分すればスッキリします。

親の家と比べることで、
モノの少なさを実感できる・・
と思いきや、まだまだ
モノの多さを教えられるとは・・

「だったら全部、捨てちゃうか!」

そんな気分で再び、
整理を始めています。

そう言えば、
『放下着(ほうげじゃく)
という禅語がありましたね。

「一切、すべてのモノを捨てなさい」
という意味です。

形あるモノに執着が宿るなら、
何もかも捨て、執着心から
解放された時、どんな自分が
待っているんでしょう。

そんな一皮むけた自分に
会ってみたいものです。



~本日の自戒~

親の家見て、我が家直せ




by monomo-mino-uchi | 2017-07-04 17:00 | 片付け考