エコとエゴ


桜が咲く頃までには、
もうひと片付けしよう♪
と思っていたけれど・・

だめだめ。
全然、間に合わない (/_\)

いいのいいの。
そんなもんです人生は(笑)

で、今回私が処分したのは、
イギリスのエコバッグ♪

イギリスのジュート製バッグは、
エコで丈夫で力持ち (*´艸`)

図書館帰りに、た~くさんの
本を詰め込んでも、ビクともしません。

色や感触も、使うほどに馴染んできて、
どんどん愛着が増していくバッグたちです。

でも、そんな使う悦びを知ったのは、
数年前・・

まるで美術品のように大切に保管している
エコバッグを眺めながら、
「集めることが趣味になっている?!」
と気付いた時からでした。

エコなモノを、ただ買い集めても、
それはエコなどではありません。

使って使って、その良さを知り、
大切に使い尽くすからこそエコなのですね。

そう気付いてからは、
所有するたくさんの
お気に入りエコバッグを夫婦で使い、
気持ちよく手放してきました。

今回手放したのは、
中でも大好きなマリンシリーズ。

f0368691_18265877.jpg

海好きですから、何年もの間、
季節を問わず連れて歩き、
たっぷりと楽しみながら、使い込みました。

食器も雑貨も洋服も、
「包まずに、この袋に入れて下さい♪」
そう言えちゃう、頼もしい相棒でした。

おかげで、穴あいちゃったね。

さぁこれにてバッグは自然に帰ります。
そして私には、楽しい思い出が残るのです。



~本日の自戒~

溢れたエコは、ただのエゴ。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-31 19:00 | 片付け考


春は暖かくておいしい季節♪

f0368691_16301923.jpg

寒がりの食いしん坊には、
たまらない季節です (*≧∀≦*)

f0368691_16303531.jpg

さて。

私は、どちらかと言うと長寿家系。。

特に母方は、90代前半で亡くなると、
「まだ早かったねぇ・・」と
言われるほど、みんな長生き。

そこで浮上してくるのが、お墓問題。
正確に言うと、納骨問題でしょうか・・

母は言います。
「大丈夫!ウチは、ちゃんと
納骨堂を買ってあるから!!」と。

いやいや、そんなドヤ顔で言われても・・

納骨堂を購入しただけで安心し、
状況を全く理解していない両親。

さすがにこの問題は、これ以上、
先延ばしが出来ないので、先日、
両親の元へ話し合いに向かいました。

もう何年も前に両親は、
ずっとお世話になっていたお寺で
納骨堂を購入していました。

ところが、このお寺、
大変な山奥にありまして・・

途中の道が、
車幅と同じだったりします Σ(゚д゚lll)

じきに高齢者ドライバーとなる私たち。

とても運転して、お骨を納めに行く・・
なんて出来ません。

歩くとなれば、それはもう
立派な登山レベル。

「そんな訳で、私たちには、直接
お骨を納めにいくことが出来ません」

と両親に伝えました。

すると、
「それでも納骨堂は買い替えたくない」
と言う両親。

となると、了解を得るべき点は2つ。

① 宅配便で納骨すること

② ご住職による、
我が家での供養はできないこと

父の了解はスグに得られましたが、
母は、いつまでも
「ごにょごにょ」言っています。

「お墓はね、
ただ買えばいいってもんじゃないの」

「入れてくれる人がいるから、入れるの」

そんな言葉をグッと飲み込んだ私です。



~本日の自戒~

お墓は自分じゃ入れない



[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-26 17:00 | 実家考

お坊さんのいない人生


両親の住む家を『空』
にするにあたり、昨年、我が家に
「お仏壇」がやって来ました。

これからは、私が
法事の準備をしなければ・・
と思いきや。

今までお願いしていたご住職に、
今後の供養は
断られてしまいました (>_<)

仕方ないのです。

ご住職は高齢の身。

我が家までの道のりは、
あまりに遠すぎます。

そこで、新たな
お寺探しを始めました。

我が家の地域にも、
いくつかのお寺があります。

でも・・

まさか飛び込みで
お願いに上がるワケにはいきませんし・・

どなたかのご紹介というのも・・

で、決めたんです。

お坊さんのいない人生でいこうと。
それもアリなんじゃないかと。

無論、私に読経は出来ません。

でも、毎日お供えをし、
お仏壇に感謝を込めて手を合わせる。

そして、命日や年中行事には
必ず家族で集い、故人を偲ぶ・・

このキモチがあれば大丈夫、
そう思いました。

さぁ、我が家にはもう、
お坊さんはいらっしゃいません。

そこで、お仏壇まわりの仏具を
ミニマルにすることに・・

例えば木魚やおりん。

f0368691_18591688.jpg

お経をあげる際にのみ必要な
これらの仏具は、
しまっておくことにしました。

それから、キッチンに収納していた
供物用の高坏や花立。

f0368691_19000730.jpg

飲食用の仏具は種類が多いので、
最もよく使うものを厳選。

重すぎる花立と共に、
これもしまうことに。

今後お花は、もっと軽い花器や、
一対ではないけれど、心を込めて
自らがアレンジしたお花を、
お供えしていきます。

仏具を保管する箱は、
イケアで調達してきました。

f0368691_19010636.jpg

これもやっぱり
キャスター付きが便利です♪

当初のイメージ通り、
ピッタリ収まりました。

f0368691_19015744.jpg



「色々としきたりはありますが、
大切なのはお気持ちですよ・・」

そう、やさしく言って下さったご住職。

世間の常識とは
ズレた決断をした私ですが、
そのお言葉に救われました。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-22 20:00 | 片付け考

新旧交代完了です♪


ひな人形の収納ケースを
DIYしたついでに、各パーツが
収められていた紙箱も
新しい物に交換します。

人形やぼんぼり、桜橘と
御ひな道具が入っていた紙箱・・⤵

f0368691_14335330.jpg

何十年という年月を経て、
すっかりボロボロです。

新しい内箱も、外箱に合わせて
白ベースでいきたいところ。。

すると運良く、イケアと百均で
サイズの合うものが見つかりました♪

全部、白い紙箱にすると、
いちいちフタを開けないと
中身が確認できないので、
2つだけ半透明のプラ箱に・・

f0368691_14340907.jpg

一番大きな箱がイケア。
それ以外がセリアのもの。

これで、お雛さまの収納に関わる
箱の新旧交代が、すべて完了。

湿気大敵のお雛さま。

晴天が続いてくれたおかげで、
安心して収納することができました。

ひな祭りという、本来
公家の風習だったものを、
庶民に広めたのが、
今川義元の母、寿桂尼。

こんなに素敵な風習を、
「よくぞ広めて下さいました!」(笑)

そんなことを思いつつ、
名残惜しいけれど、
また来年までお別れです。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-19 15:00 | one day..


出来上がった、
まっしろけ~な収納ケース。。

年に一度のお目見え以外は、
ずっとクローゼットの中に
しまったまま。

でもこのクローゼット、
結構な頻度で開け閉めするんですよね。

そこで、扉を開けるたびに目に入る
この箱に、気分が上がるよう、
気に入ったステッカーを貼ることに。

最近はステッカーの種類も豊富。 
色々あって、目移りします。

そんなこんなで、ステッカー選びに
かけること数か月 (/∇\*)

やっと、3種類を選びました♪

選んだのは、貼るのが少々難しい
と言われる転写式の
ウォールステッカー・・

早速、クローゼットの扉を開けて、
真っ先に見える箱の正面に
貼ってみます。

転写式・・
本当に面倒で、貼るのに
苦労しました (>_<)

普通のシールのように、
台紙から剥がして、
そのまま貼るワケにはいきません。

まずは、台紙にプリントされた
文字部分を透明シートに、
こすって写します。

その透明シートを
印字したい部分に当てて、再度、
こすりながら文字を写していきます。

四苦八苦して
転写した箱の正面がコチラ ⤵

f0368691_10310773.jpg

普通のシールに比べ、
仕上がりが断然キレイです。

直接文字を描いたような雰囲気に♪

続いては箱の上部。

f0368691_10312729.jpg

最後は側面に、最もお気に入りの
この方を転写 (*´艸`)

f0368691_10314342.jpg

無事に、ひな人形の
収納ケースが完成しました!

f0368691_10315674.jpg

いやぁ~疲れました。。
ホントに疲れた。

でもこの仕上がりに満足です。

自分が作ったものは苦労した分、
愛着が湧き、心から
大切にしたいと思えますね。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-15 12:00 | DIY


「僕は製図担当だからね」
と主人に言われるまでもなく・・

我が家では、
どう見ても奥さまの方が・・
ガテン系 (/∇\*)

「それじゃあ、
華麗なるドライバーさばきで、
サクサク作っちゃうよ~♪」

と嬉々として取りかかったものの・・

重くて激しく振動する工具。
全く思うように扱えません (/_\)

「ぎゃぁ~」「ひぃぃ~」と
奇声を発するだけで、
ネジ1本打ち込めない私。

さすがに見かねたご近所さんから、
指導が入ります。

この方、プロ級の腕前をお持ちで、
恐らく何でも作れます。

そんな職人のようなご近所さんから、
「怖くない!」「もっと力入れて!!」と、
叱咤!叱咤!叱咤~!の嵐。

激励一切ナシ(笑)

とにかく、要領が悪いので、
端材をもらい、まずは、ひたすら
ビス打ちの練習です。

力を込めつつ、繊細さも
求められるこの作業、
上手な人がやっているから
簡単そうに見えるんですね。

ぶきっちょな初心者がやっても、
全く釘が入っていきません (>_<)

そんな格闘の末、少しずつ
慣れてきたところで、いよいよ本番!

私が作りたい、
ひな人形の収納ケースは、
キャスター付きの下箱に
上箱をスッポリかぶせるタイプ。

まずは下箱から。。

最初に、強度を高めるために
角材で枠組みを作ります。

f0368691_09542878.jpg

ここに、合板を
底と側面に打ち付けていきます。

そして、打ち付けた釘同士が
接触しないよう注意しながら、
キャスターを取り付けます。

これで、下箱は完成。

f0368691_09553050.jpg

次に上箱。上箱も手順は同じ。

こうして、2つの箱が完成。

f0368691_09561356.jpg

上箱を下箱に、
そ~っとかぶせて見ると・・

無事、おさまりました~♪

f0368691_09565254.jpg

ここまでで、あっという間に
5時間が経過。。

腰や腕、手のひらまでもが筋肉痛です。

でも、電動工具って楽しい!

DIYの魅力に
どっぷりハマってしまいました。

ちょっと、不格好だけど
真っ白な収納ケースの出来上がり♪

このままでも機能は果たすのですが、
もう少しスパイスを効かせます。

完成まで、あと少し!!



~本日の自戒~

木材はデリケート。
釘選びは慎重に!



[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-12 12:00 | DIY


昨年、実家を整理するにあたり、
やっとの思いで持ち帰ったおひな様。。

今年は、我が家で
部屋に彩りを添えてくれました。

ただ、飾って楽しんだ後は、
当然しまわなければ、ならないワケで・・

ところが、もともと保管されていた箱は、
経年劣化でボロッボロ。

f0368691_13403928.jpg

この箱のまま、この先
我が家で保管するのはちょっと・・

ということで、
ひな人形の保管BOXを
自作することにしました。

素材は、強度や防虫効果を考慮し
ヒノキを選択。

近くのホームセンターで
希望のサイズに、カットしてもらいます。

DIYの知識がゼロの私たち・・

木材をカットしてもらえれば、
あとは組み立てるだけ♪
と高を括っていたら・・

店員さんから、
箱の設計図を描いてこないと、
カット出来ないと言われまして・・

そのまま、おウチへUターン (/_\)

でも大丈夫!
こんな時こそ主人の出番!

主人の脳内には、
私が目指す箱の完成図が、
すでに3D化されています。

それを基に、あっという間に
設計図を描き上げてくれました♪

再び店へ向かい、店員さんと
相談しながら資材を調達。

これを機に、
電動工具も揃えようと
考えたのですが・・

電動ドライバーひとつにしても、
ピンキリなんですね。

3千円台から5万円超まで、
種類が豊富!!

店員さんからは

「今後もDIYを楽しみたいなら、
最低でも1万円以上の物を
選んだ方がいいですよ」

とのアドバイス。

そうは言っても、
ど素人に即断即決はできません。

そこで、工具は
ご近所さんにお借りすることに・・

こうして準備は、整いました。

f0368691_13472744.jpg

いよいよドキドキの組み立てです。



[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-09 15:00 | DIY


私がモノを減らす
最初のキッカケとなったのは、
掃除の手間に辟易したからでした。

当時は掃除と片付けはセット。

とにかく、あれこれと出ているモノを
片付けてからでないと、
掃除を始められなかったのです。

しかし出しっぱなしにしている
アレコレは、収納できるスペースが
ないから出ているワケで・・

きちんと、しまう為にも
モノの選別をせざるを得ない状況でした。

それからはモノを減らし、
床にモノを置かないルールを発令。

当初は、ちょっと不満気だった主人も、
今では
「こんな所に置きっぱなしにしてー」
と私に言えるように・・

そんな立つ瀬がない私ですが、
「おぬし、成長したな (≖·̫ ≖)」
と密かに思っております(笑)

そして、どうしても
出しっぱなしにしておきたいモノは、
浮かすに限ります。

拭き掃除の時に
「ちょっと持ち上げて」とか
「ちょっとズラして」が、
私にとってはツライひと手間。。

どうしても無理な場合は別として、
極力、浮かすようにしています。

そして今回、
浮かせたアイテムがコチラ ⤵

f0368691_15595137.jpg

ニトリのスリッパラック

今までベランダに出る時は、その都度、
玄関からサンダルを持って来ていたんです。

でも、こまめに掃除するためには、
思い立った時にサッと
出られる方がいいなぁと思いまして・・

浮かせそうな、このスリッパラック、
買ってみました。

ついでにセリアで、
プラダンと、フックも購入。

f0368691_16000799.jpg

プラダンは、ラックの床面積に合わせて、
ハサミで切り取り乗せるだけ♪

後は、壁にフックを刺して、
ラックを引っ掛けます。

軽くて柔らかいプラダンは、
サンダルを乗せると、そのうち、
たわんできそうなので、
2枚重ねにしましたが・・

あまりに、たわんできたら、
別の素材を床面に敷いてみようかな。

とりあえず、玄関で使用している
サンダル代わりの下駄を乗せてみました。

f0368691_16002061.jpg

それから、むか~し、
フラワーアレンジを
施してみたバブーシュ・・

1足だけ、インテリア用に
保管していたので、それを乗せてみると・・

f0368691_16003446.jpg

こんな感じ。。

なかなか気に入ったので、
屋上用も設置してみようかな・・

このラック、宙に浮かせて
設置できたおかげで、
部屋の掃除をする時も、
どかす手間がなく、
かつ、ベランダ掃除も
スグにできるので、
私にとっては一石二鳥の
『お助けアイテム』となりました♪




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-05 17:00 | 片付け考

発覚した施工ミス


そしてやって来た解体工事の日。。

不具合の原因が分からないままの解体・・
ということで、不安度MAX。

原因について、あまり小難しい話を
されても困るので、この日は、
主人に休暇を取ってもらいました。

夫婦で朝からソワソワしていると、
何だか外が騒がしい・・

家の周囲に続々と
車が集まって来ています。

「何の騒ぎ?」と思ったら、みんな
我が家の工事関係者でした (>_<)

スーツ姿の人と作業着姿の人・・
総勢7名のチーム。

TOTOからは、営業だけでなく、
商品技術のエキスパートまで
やって来ました。

この方、日本全国、不具合のある所、
飛び回っているんだそうです。

挨拶もそこそこ、まずは、ドア枠を外し
その後、順番に壁を取り除いていきます。

f0368691_12385743.jpg

最後に、ドキドキの床オープン。

f0368691_12392412.jpg

原因を突き止めるべく、
7名が一斉に集結し、浴室は
ラッシュアワー状態。

各自、あちこちを調べ、
原因を探っていきます。

ところが、それでもなかなか
原因がつかめません。

気になって仕方ない私が乱入し、
主人につまみ出されること数度・・

外した枠や部品なども
丹念にチェックして、
ようやく原因が判明しました。

それは、2か所の施工ミス。

1つ目は、風呂枠。

なかなかうまくハマらない為、
取り付けに少し強い力を加えたことで、
枠の一部が歪曲していたようです。


2つ目は、コーキングの未施工。

床材の下に施すべきコーキング・・

この四隅に施されているはずの
コーキングが1か所、
未施工だったそうです。

そのため床が沈みだしたのです。

床が沈みだしたとは言え、
家は傾いていないこと、
そして私たちの使用方法には、
なんの問題もないことが分かり
ホッとしました。

いやいや、そりゃそうでしょうよ。
毎晩、風呂場で相撲取ってる訳じゃなし。。

なにより、この最強の
『ものぐさ主婦』が、
少しの水滴も許すまじと、
家のどこよりも、丁寧に
掃除をしているのですから。

今回、こうした施工ミスが
発覚しましたが、施工者は
決して悪徳業者などではありません。

非常に信頼できる業者であっても、
こうしたミスは起こります。
人間のやることですから・・

これから新しくおウチを建てられる方や
リフォームされる方、、
どうぞお気を付けて・・

と思ったけれど、これは、一般の方が
チェックできることではないし・・
防ぎようがないかも知れませんね。

さて、こうして、すべての作業が終わり、
ようやく我が家に、安心安全な浴室が
戻ってきました♪

f0368691_12395462.jpg

やれやれ・・



[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-03-01 15:00 | 洗面所