「面倒なことになったなぁ・・」

老人ホームを後にし、トボトボと
ウチへ帰る道すがら、正直私は
そんな風に考えていました。

田舎の小さな一軒家とは言え、
両親にとっては大切な資産。

その行く末を、まさかこんな簡単に
託されるとは思ってもみませんでした。

『娘を信頼し全てを任せてくれている』

そう思われますか?

しかし私には

『どうせもう住めない家なのだから、
後の面倒な処理は頼んだよ』

そんな本音が透けて見えます。

『立つ鳥跡を濁さず』このコトバ、
幼少時から母に何度聞かされたことか。

それなのに、齢八十を過ぎて尚、
生前整理を拒否する姿勢に、
「なぜ?」「どうして?」と渦巻く反発心。

私ひとりだったら、心の中に
くすぶり続ける感情に囚われ、
何も行動に移せなかったかも知れません。

f0368691_16250214.jpg

ドロドロとした沼のような感情に
佇む私を引き上げたのは、
主人の冷静なアドバイスでした。

「もうここらで、
親に期待するのは止めないと」

「お義父さんに
今後の処理がムリなのは明らか」

「娘が割り切って
行動しなければ、解決しない」

おっしゃる通り!
親への期待は依存の表れ。

中年の子どもが老親に未だ依存心を
引きずっている場合ではありません。

私以外、この問題に
取り組む人はいないのです。

ならば、その空き家問題
解決の第一歩として、
一刻も早く、家の価値を
客観的に把握しなければ!

「え~と、どこの不動産屋にすれば・・」と、
わらわらする私に、ここでも
主人から救いの言葉が。

「色々調べたけど、不動産屋は
地元最大手のA社が一番いいと思う。」

主人は不動産屋について、
すでに調べてくれていました。

不動産屋は、規模が大きければ良い・・
とは一概には言えません。

しかし、大手の方が圧倒的な集客力があり、
取り引き件数も多いのです。

両親の住んでいた地域では、
A社と他社との取引件数には
歴然の差がありました。

そこで、最初からA社に的を絞り、
実家の査定をしてもらうことにしたのです。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-30 17:00 | 実家考


「家に帰りたい・・」

老人ホームに転居してからの1か月、
母は父に一日中訴え続けていました。

そりゃそうでしょう。

母は、どこに暮らそうと
一切家事をしないのですから、
自宅が一番良いに決まっています。

そんな母に押し切られて、
父が「やはり自宅に戻る」

そう言い出すのではないかと、
気が気ではありませんでした。

もし自宅に帰れば父は再び、朝から晩まで
家事のルーティンに追われます。

そうした日々に戻れば、
父の体調が心配なだけでなく、
介護の現場で起きる悲しい事件が
両親の身にも起きるのではないか・・

そんな不安もよぎります。

f0368691_11323695.jpg

加害者となってしまった
介護者の実に7割が
夫や息子などの男性なのです。

長年、真面目に仕事に
取り組んできた男性は、
介護も仕事のように精一杯
その責務を果たそうとします。

誰にも頼ることなく、ひとり黙々と
介護に取り組み続けた結果、
精神的に追い詰められ妻や母を
手にかけてしまうことが多いのだそうです。

「あの家に戻りたい?」

恐る恐る父に尋ねてみました。

すると・・

「いや、もう戻らないよ」
首を振って即答した父に、
心底ホッとしました。

「じゃあ、賃貸にするか売るかだけど、
どうする?」

「う~ん・・」と言葉に詰まる父。。

その後、
完全に思考が停止しました (ノjДj)ノ

あぁ、これは父の判断を待っていたら、
我が家も空き家放置のパターンに
陥ってしまいます。

結局「いずれは娘のものになるのだから、
好きにしていいよ♪」という
父の丸投げ発言で
家族会議は終了したのでした (oдo)




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-26 17:00 | 実家考


いずれ、親の家は空き家になる日が来る。

そう心づもり・・してはいました。

ところがイザ、その日が
やって来てみると、娘である私への
精神的負担は想像以上のものでした。

それは、父の救急搬送をきっかけとし、
急転直下その日が訪れたから・・
ではありません。

『親の家なのだから、
親が自分で始末をつけてくれるだろう』

そんな淡い期待を、
うっかり抱いてしまったことが
大きな誤算だったのです。

「娘夫婦には迷惑をかけないから」

そう言い切る一方で、
終活を拒否し続けた両親。

その結果、これまで
片付けも、老人ホーム探しも
私がおこなうしかありませんでした。

そして結局、今回の空き家問題も
私が取り組まなければならなかったのです。


f0368691_10091647.jpg


まずは将来の可能性について検討します。

今後、自宅に両親が
再び舞い戻る可能性はあるか?

娘夫婦の私たちが移り住む可能性は?

答えは・・どちらも100%、No!でした。

となると選択肢は3つ。

① 放置する
② 賃貸物件にする
③ 売却する

まず①の放置するですが・・

これは最初から放置するというより、
どうしようか悩んでいるうちに、
結果的に何年も放置してしまった・・
というケースです。

こういうケースが多いからこそ、
昨今は空き家問題が深刻なのでしょうね。

しかし、家は生き物。
それでなくても古い家。

放置すれば、あっという間に
朽ちていきます

さらに、万が一にもその間、
相続するようなことになれば、
権利関係や登記の変更など、
増々ややこしいことになってしまいます。

いずれ賃貸、もしくは
売却することが分かっているなら、
ここはスピード感を持って、
早めに動かなければなりません。

賃貸か売却か・・

まずは親の意思を確認するため、
緊急家族会議を開きました。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-22 17:00 | 実家考


今朝の大阪での強い地震・・
該当地域の皆さんはおケガなど
なかったでしょうか。

一旦、治まったからといって
安心はできません。

しばらくの間は余震に注意し、
どうぞお気を付けてお過ごし下さい。

それにしても、大阪で
強い地震があったということは・・

いよいよ南海トラフに
強い危機感を覚えます。

以前、震度5強を体験した身として、
そして現在、海辺に住む身として、
防災に対しては意識が高いつもりの我が家。

しかし、こうした災害報道を
目の当たりにするたび、
まだどこかで・・

『このぐらいの対策でウチは大丈夫』

という根拠のない楽観視をしていることに
気づかされます。

「完璧な防災などないのだ」

そんな当たり前のことを
改めて思い知った朝でした。

゜.・。*゜。゜*。・*゜.・。*゜。゜*。・*゜.・。*゜。

さて・・

両親が老人ホームへ転居してから、
早6か月。。

家事から解放された父は、
私たちの心配をよそに
コミュニティにすっかり溶け込み
イキイキしています。

一方、部屋に閉じこもりがちな母。

少しでも人との交流を持たせるべく
デイサービスへ通ってもらっています。

いずれにしても、新しい環境に、
なんとか馴染んでくれたようで
ひと安心 (*´Д`)=з

と思ったら大間違い!

「空き家になった実家をどうするか」
という新たな問題を抱えることになりました

この空き家を巡って、
またも我が家は大混乱!

実家から持ち帰った
不要品の整理も進まない中、
またも両親との攻防が始まったのです。

f0368691_12252794.jpg

しかしながら、現在は
無事解決した実家の空き家問題。

今はこうして、ゆっくりと
振り返ることが出来るようになりました。

そこで今回からは、我が家が経験した
『実家の空き家問題』をシリーズで
お送りします。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-18 17:00 | 実家考


一日中、雨だった先日・・

「芝生に水やりをしなくて済むのは、
なんてラクチンなんだー♪」

と喜んだのも束の間・・

窓越しに雑草を見つけてしまい・・

「き、昨日は無かったハズ!!」
「取りたい!取りたいぃ~!!」

と窓にへばりつく私。

もはや思考の9割方が芝生。

ここまでくると、ビョーキですね。
ビョーキ (/∇\*)

でもね、目立つんですよ。雑草。
キレイに刈り取られた芝生の中で、
かなりの異彩を放っております。

なにもない部屋に、メモが一枚
落ちている感じ。。

どうしても目がいっちゃう。。

でもこうして毎日チェックしているから、
芝生の雑草取りはスグに終了~。

問題は、敷地外の雑草です。

主人が草刈機でカットしてくれるけれど、
この時期、ひと雨ごとに
みるみる成長 (x_x;)

しかも上に伸びるだけでなく、
横に根を張って芝生から
顔を出してくるんです。

そこで、根こそぎ取ろうとするのですが、
これがなかなか難しい~。

芝生専用の除草剤も勧めてもらったけれど
ネコさんが、闊歩することもあるから、
やっぱり薬品は使いたくない・・

ということで、新兵器を導入~♪

その名も『シバクイーン』

「パッション飛田」という
サイトで購入しました。

雑草を簡単に抜くことができる
アイテムを探していたら、
シバクイーンの実演動画を発見。

そのあまりの抜きっぷりに
仰天しつつも、半信半疑で注文。

この右側のかぎ爪のような道具です。

f0368691_11454031.jpg

ちなみに左は芝刈りはさみ。

で、早速、使ってみましたよ。
ターゲットはココ ⤵

f0368691_11460098.jpg

ホントに雑草が根こそぎ抜けるんですね。
おもしろいほど、あっけなく。

ず~っと、しゃがんでいるのは
ツライものですが、ホイホイ抜けるので、
普段より早く作業が終わります。

夢中になって引っこ抜いていたら、
あっという間に1時間が経過。。

ここで、「もう年取ったらね、
のどが渇いたかどうかも
分からなくなっちゃうんだから、
時間を決めて水分を摂りなさいよ」

と言う主人の、ありがた~い
教えを思い出し、一旦撤収~。

休憩後、再び作業すること1時間超。

雑な仕上がりですが、今日はこれまで。

f0368691_11463309.jpg

あ、なんだか穴開いちゃってますけど、
これは太い根が出てきたので
掘り進めたものの途中放棄した・・
の図です (/∇\*)

いい汗かきました。ジムは続かないけど、
これ1本あれば、雑草取りは
楽しく続けられそう(笑)




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-14 17:00 |


「そんなにしょっちゅう確認しなくても・・」
という位、ちょいちょい
眺めてしまう窓の外。

家にいる時は、
芝生が気になって仕方ありません。

ものぐさな性格の一方で、
凝り性な一面もあるようで・・

毎日欠かさない芝生パトロール。

パトロールでは、どんなに小さな雑草も
見逃しません(笑)

雑草を取り除いたら、そのあと、
いそいそ芝を刈っています。

芝刈り機は相変わらず絶好調で、
「シャリシャリ、ショリショリ」と
小気味いい音をたてて稼働中♪

ただ、芝刈り機の動かし方は、
まだまだ丁寧さに欠けるようで、
気付くと刈りとれなかった芝生の一部が、
おとーさんの『髭の剃り残しあと』
のようになっている箇所も・・(笑)

慣れるまでは、
なかなか大変な芝のお手入れ。

それでも、日に日に青々としてくる
その姿には嬉しさと愛おしさが込み上げ、
苦労も一瞬で吹き飛びます。

f0368691_23153025.jpg

そんなパトロール中のある日・・

「あれ?芝生の管理と
部屋の整理は同じだなー」

という事に気づきました。

庭に雑草は付き物。
最初は小さな小さな雑草も放置すれば、
そこを拠点にあっという間に広がり、
その後の処理が大変になります。

部屋も同じ。

最初はテーブルの片隅にたった1枚、
郵便物が置かれていただけなのに、
いつの間にか携帯やら本やら
モノが結集 Σ(゚д゚lll)

「まだいいか」とか「あとで」
なんて思わずに、こまめに、その都度、
今必要のない最初の一個を
除去していくことが、やっぱり
ラクにキレイを保つ王道なんですねぇ。

そうは言っても、
これがなかなか難しいのです。

だって主人が点々と、あちこちに
モノを放置するから~。゚(゚´Д`゚)゚。

って思ったけれど・・
よ~く考えてみたら、アレ?

私が面倒くさがって、
その放置を許してない?

それどころか最近私も
一緒になって置いてない?

そもそも最初の不要の1個を
私が置いちゃってない?

あらら、反省すべきは私でした。

面倒な芝生の手入れを
これだけ甲斐甲斐しくできるのだから、
部屋の整理ももっとマメに出来るはず!

雑草も、今その場に必要のないモノも同じ。

部屋も、散らかるキッカケとなる
小さな芽のうちに処理することが
肝心ですね。



~本日の自戒~

今、その場に不要なモノの
最初の1つを見逃さない。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-11 00:00 | 片付け考


1年間、食品や日用品以外は購入しない
と決めてから、ウソのように物欲が消え・・

あっという間に1年半が経過。。
未だ、特に欲しいモノはありません。

やたらと家にモノが入ってこない
という快適さを満喫中の我が家です。

しかしいよいよ、満を持して芝刈り機を
購入する時がやって参りました。

久々の大物購入ということで、
半年間の比較検討を重ねました。

最初から、電動ではなく
手動に絞って検討したのですが、
それでも種類があって迷います。

「デザインで決めちゃおうかなー」
と思っていたら、

「芝刈り機は切れ味が命!!」
との情報が。

ホームセンターでは、
1万円もしないお値段で、
手軽に入手できる手動芝刈り機。

でも数年で、明らかに
切れ味が悪くなるんですって。

海辺の我が家は、
もっと早くダメになるかも・・(-"-;)

切れ味の悪い刃を使うと、芝の葉が
引きちぎられるような状態になり、
葉先が茶色に変色。

その後、見事に枯れていくそう Σ(゚д゚lll)

かと言って、処分方法も
良くわからない芝刈り機を、
しょっちゅう買い替えてはいられません。

切れ味が抜群で丈夫で長持ち♪

そんな条件を満たしてくれる芝刈り機は、
1つしかありませんでした。コレ ⤵

f0368691_19140520.jpg

バロネス LM4D

ホームセンターでは売っておらず、
しかも値段は6倍!

さすがの芝奉行も一瞬、
固まっていましたが、
無事OKをもらい購入。

届いた時は嬉しくて嬉しくて、
まるで幼児がおもちゃを
買ってもらった時のように、
スグに開封して使ってみました♪

重さは10kgありますが、
滑らか~に軽く動きます。

ただ、手動の割には
稼働音が思ったより・・
うるさいです (>_<)

芝は、いきなり短く刈ると
枯れてしまうので、
まずは3cmからスタート。

全体がフサフサしている
ワケではないので、刈れたのは・・

f0368691_19143805.jpg

これだけ。

それでも、なんだか、
こざっぱりした感じに・・(笑)

f0368691_19151609.jpg

芝刈り後は、芝に
負荷がかかった状態なので、
たっぷりと水を与えます。

まだまだ、まだらちゃんな
我が家の芝生。

美しいターフにゴロ寝~
を夢見て、毎日せっせと
お世話をしています (*´艸`)




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-06 20:00 |


「なんか・・生えてきてないよねぇ?」
「絶対、ハゲてるよねぇ?!」

と、主人があんまりにも
悲痛に訴えてくるもんだから・・

「えぇ?! どこ~?」
と背後に回ったら・・

「オレじゃないよ!!」
「芝生!しーばーふ!!」だって。

ぷっ。失礼しました。
主語がないもんだから(笑)

昨年11月・・
念願の芝庭となった我が家。

冬をまたいでいますから、
「そりゃ、まだフサフサには
ならないってー」と言うのですが、
主人は納得がいかないご様子。。

施工当初の写真を見せて、

f0368691_11012740.jpg

f0368691_11021261.jpg

「ホラ、こんなに生えてきてるよ♪」
と言ってもダメ。

なにやら、業者さんに相談して、
おススメの肥料を調達してきました。

まぁ、そんなに気になるなら、
撒いたら?と思っていたら、
なぜか私がやることに・・(oдo)

「均等に撒いたら、水をやってね」
「あっ、マスクした方がいいよ」
と言い残し、出勤する芝奉行。

はいはい (๑`^´๑)

というワケで、とても5月とは思えない、
熱中症で気が遠くなりそうな、
とある日の午前中・・
初めて肥料を撒いてみました。

ちなみに肥料はコレ ⤵

f0368691_11060674.jpg

どうやっても、
均等に撒ける気がしませんが、
散布器を買わずに、
まずは手動でチャレンジ。

スコップで少しずつ肥料を撒いていきます。

あ"ぁ・・肩が腰が手首がキツイ・・。
これはもう、明日からしばらく
寝たきりになる予感(笑)

葉に肥料が付着したままだと、
肥料やけを起こすので
最後にたっぷりと水をやって・・

f0368691_11062432.jpg

終了~♪

その後、毎朝水をやり続けること約10日・・

少し葉が伸びてきたけれど・・

f0368691_11065757.jpg

見事なまだら模様が浮かび上がり、
肥料が全く均等に
撒けていない事が判明 (/_\)

するとここで芝奉行から、
「もう1回、撒いてー」
と再び指令が・・

そこで、成長の遅い箇所だけ、
もう一度薄く肥料を散布。

そして現在・・

f0368691_11074217.jpg

まだら模様が、
より広範囲に出現しました (ρ。q)

あぁ・・難しく、奥深き芝管理よ。

それでも、気づけばツバメと芝生の
様子を見ることが楽しい日課に♪

お陰で、この半月、芝生のことで
アタマが、いっぱいいっぱい。

意外にも、面倒な芝生管理に
ハマってしまったズボラーです。




[PR]
by monomo-mino-uchi | 2018-06-03 12:00 |