人気ブログランキング |

妻は、なまはげ


「平成のうちに不要なモノは
全て捨ててしまいたい!」

と息巻いた一週間前・・

そんな私とは対照的に、

「え~?別に平成のうちじゃなくても、
いいんじゃな~い?」

と、ゆるゆるな主人。

そしたら出ました!出ましたよ。
季節外れの『なまはげ』がっ!!

「平成のうちに捨てるもんは、ねがーっ!!」

と叫んでいます(笑)

普段、主人に「捨てろ捨てろ」とは
一切言わない私ですが、この一週間は
『なまはげ』に豹変。

やはり新しい御代に
不要品を持ち越したくないのです。

整理ベタな私にとって、こうした節目は、
片付けの最大のチャンス!

ゴミ袋を買い足し、選別していく私の横で、
平成最後の三日間、ついに主人の
捨てスイッチが入りました。

直感型の主人。一度スイッチが入ると
選別に迷いはありません。

あっという間に、
衣類を中心に捨てていきます。

そして私も、ジャンルを問わず選別。

今回は下記のモノを処分しました。

① ダイソンの掃除機
② ミキサー
③ 客用布団
④ ヨガマット
➄ 書籍・CD
⑥ 衣類
⑦ 書類
⑧ 写真
⑨ アクセサリー
➉ 収納ケース&ハンガー

妻は、なまはげ_f0368691_16532342.jpg

45ℓのゴミ袋だけで11コ。
なかなかの量になりました。

本当は、まだまだ捨てられるモノが
あるハズなんだけど・・(主人が・笑)

ま、これでもシンプルライフに
一歩前進ということで、、

なまはげ妻、これにて撤収~♪



by monomo-mino-uchi | 2019-04-30 17:00 | 片付け考


皆さまは、
捨てたいと思っている自分のモノ・・
キチンと捨てていますか?

「捨てたいと思っているモノは
捨てるに決まってるでしょ」

と思われるかも知れません。

そりゃそうです。私もそう思っていました。

ところが私の場合、本当は捨てたいのに、
捨てられないモノがあることに
気が付きました。

このナゾの現象。。

今回は、その理由を探り、向き合い、
手放すことにしました。

手放す作業というのは、捨てない理由を
いくらでも見つけてくる自分と、
向き合う作業でもあります。

捨てることへの罪悪感、
承認欲求を満たしてくれるモノへの
執着や所有欲などなど・・

我ながら驚くほど、
捨てない言い訳には事欠きません。

これまで、そんな言い訳をする
自分と向き合い、ひとつひとつクリアし
納得した上で処分してきました。

もうそろそろ、この言い訳も
出尽くしたと思っていたのですが・・

やっぱりナゼか
捨てられないモノがあるのです。
捨てたいのに・・

例えばコレ ⤵

しつけという名の呪縛を手放す_f0368691_19242303.jpg

NHKラジオ講座のテキスト

もう10年も前のものですよ (/_\)

講師の語り口が、やさしく
分かりやすくて大好きな講座でした。

処分すれば、恐らく2度と
手に入らないでしょう。

それでも、もう今の私には必要ありません。

ところが過去に、
何度処分しかけては棚に戻したことか・・

思い返すと、
捨てたいのに捨てられないモノに
共通するのはリフレインです。

子どもの頃、部屋の整理をする私に
母はよく言ったものです。

「捨てたら後で必要になる時が
絶対に来るよ」

「後で必要になっても、
もう手に入らないよ」

「捨てて後悔しても知らないよ」

そんな母からのメッセージが
恐怖のリフレインとなり、処分することへの
ストッパーになっていたのです。

母は意味をはき違えた、もったいない精神を
『しつけ』という名のもとに
教えようとしていたのかも知れません。

しかし今の私は、この母の教えが
全く合理的でないことを理解しています。

それでも無意識下で、
このリフレインに支配されていたのです。

母の価値観は私の価値観ではない。

たとえ、また後で必要となっても、
二度と手に入らなくても、
今、自分で考え決めたことに
私は従っていいんだ・・

なんだか憑き物が落ちたような感覚を
今回の捨て作業で味わいました。



~本日の自戒~

自分の意思と、
植え付けられた誰かの意思を区別する。




by monomo-mino-uchi | 2019-04-22 20:00 | 片付け考

学んだなら捨てていい


クローゼットを開け、視界に入るたびに
チクリと胸を刺すその服は・・

目にすると気持ちが沈むせいか、
いつの間にやら、端へ端へと
追いやられていきました。

それでも尚、処分されることなく、
圧倒的な存在感を放ち続けたのは・・

もう何年も前に、めずらしく通販で
購入した赤いワンピース。

学んだなら捨てていい_f0368691_16234615.jpg

商品が届き、
喜び勇んで着てみたものの、
あまりの似合わなさに
衝撃を受けました Σ(゚д゚lll)

それからは、
小物使いで何とかなるかも・・とか、

髪型を変えて、もう少し
痩せたら似合うかも・・

などと試行錯誤の日々(笑)

ところが、これらが全て
徒労であると分かった時、
強い自責の念に襲われました。

主人に対しても、なんてムダなお金を
使わせてしまったんだろう・・と、
それはそれは落ち込んだものです。

だから捨てられなかったのです。

捨てられないのは、
気に入っているからじゃない。

着ていないのにもったいない・・
からでもない。

根底にあったのは、主人への後ろめたさ。

そして失敗してしまった自分を
受け入れ、許すことができなかったから。

そのことに気付いたら、
ようやく手放す決心がつきました。

後悔や罪悪感は、
モノを持ち続けたからと言って、
無くならない。

それよりも、失敗はあるし、
そこから何を学ぶかが大切なのです。

心浮き立つはずだった赤のワンピ。

それを見るたび、
「なんで買っちゃったのよー!」と
無意識に自らを責めていた日々は、
これで終わり。

もう責めたり、後悔するのではなく、
この教訓を生かしていきます。

いえ、考えてみたら、このことが
不買チャレンジにも繋がっていますし、
すでに生かされていました。

だからもう、同じ失敗はしない・・ハズ!




by monomo-mino-uchi | 2019-04-15 17:00 | 片付け考

靴だけはミニマル


我が家のシューズボックス・・

私の統治エリアは2段分(5足)。

ところが、1段をまるまる占有している
3足を、ここのところ履いていません。

一足は、コーディネートしやすく
お気に入りだった靴。

もう一足は葬祭用と割り切っている靴。

そして3足目は、とってもとっても
思い入れのある大切な靴。

重宝していたお気に入りの靴は、
もう履かないことが明白なので処分。

葬祭用の黒いパンプスは
劣化が見られるので、戦力外。

で、残る一足・・。

この大切な思い出の靴をどうするか・・

この靴は、
この靴だけは、
たとえ履かなくなっても
一生保管しておくつもりだったけれど。。

でもねぇ・・
悲しいかな劣化が始まっています。

これでは、せっかくの私の
ほっこりアイテムが、見るのがツラ~イ、
残念アイテムに。

う~む。

こうなったらこれを機に、手放そうか・・

それとも、博物館並みに
保存環境に注力して持ち続けようか・・

あ゛~そんなマメな私・・
とてもイメージできません (/_\)

更に私の最強判定方法、
「棺に入れてほしいかどうか」
チェックでも、答えは No。

ということで、ここらでお別れです。

靴だけはミニマル_f0368691_20225622.jpg

大丈夫。思い出はなくならない。
そんな想いで処分しました。

今回スムーズに手放せたのは、
劣化が始まっていたことに加え、
洋服のクローゼットよりも
キャパが狭いことが決め手となりました。

どんなに大好きで、
どれだけ大切な存在であっても、
いつか必ず別れは来る。

だから思い出靴はココロに収納。

その分、次のステップへ背中を
押してくれる、新しい靴を
迎え入れるスペースができました♪

でも・・
今のところは2足で十分(笑)



~本日の自戒~

ヒトでもモノでも、別れは来る。
だから執着しない。




by monomo-mino-uchi | 2019-04-08 21:00 | 片付け考

そんな節目の洋服整理


未だイチローの引退から立ち直れない私。

完全に抜け殻です(笑)

シアトルに戻った日に芽生えた予感。

それが会長付特別補佐への就任で
確信に変わったあの時・・
覚悟を決めたハズでした。

それでもやっぱり・・
寂しすぎる (p_q)

あまりの脱力感で
大リーグも春の選抜も、視聴に気合入らず。。

仕方ないので、虚脱感を振り払うべく、
主人の指導のもと、イチローの
バッティングフォームを真似て
素振りしてます(笑)

さてと。いい汗をかいたところで、
私が今、本当にやらなければならない事に
取りかかりましょうかね。

ということで、今回は
またも衣類の整理です。

モノというのは、ある程度減ってくると、
整理のハードルがグッと上がります。

度重なる取捨選択。
まさに熾烈なリーグ戦に最後まで
勝ち残った精鋭たちですから当然です。

ですから、今回処分した服も、
以前なら手放すことなど絶対に
考えられないほどのお気に入り。

そんな節目の洋服整理_f0368691_19342080.jpg

それでも、ここ1~2年は
出番がありませんでした。

大好きだし、まだまだ着れるけど、
もう着ない・・

この相反するキモチを受け入れるのに
少し時間がかかったけれど、
いよいよお別れです。

春ですし、新年度ですし、
新たな御代ですし・・

良い節目だと思います。

画像以外のモノも含めて全部で9点。

10年以上、
人生を共にした服もあります。

ありがとう。お疲れさま♪

こうしてチーム衣類の選抜は、
ひとまず終了。

そして別のアイテムでのリーグ戦が、
再び始まっています。




by monomo-mino-uchi | 2019-04-03 20:00 | 片付け考